アクリル板のカット方法

アクリル板を利用してコレクションケースや水槽など、何か自作したい。というユーザーにとって必ず必要になるのがアクリル板のカットですよね

アクリル板のカットって簡単そうに見えるかもしれませんが、結構難しい・・・。

現場のプロがアクリル板のカット方法をご紹介します。

アクリル板のカット方法

アクリル板のカットに用意するもの

用意するもの

用品のご購入はこちらから

カットしたいサイズを測る 1.カットしたいサイズを正確に測り、アクリル板の茶色のマスキング紙(アクリル板に傷がつかないように保護している紙)にカットする目印の線を入れます。
プラスチックカッターでアクリル板を切る 2.先ほど引いた線に金属製の定規(ゲージ)を合わせて、プラスチックカッターの刃でひっかくように溝を入れていきます。
※一度に溝を入れずに何度かに分けて、板の厚みの3分の1ぐらいの深さまで溝入れていきます。
※溝の最初と最後5mmぐらいはあとで残して溝入れするほうが確実です。
アクリル板を折る 3.板の厚み3分の1ぐらいに溝をいれたら、写真のように机の角に切断線を合わせます。
溝を入れたほうを上にして、板チョコを割る要領で割り増す。
※アクリル製品は、手を切りやすいので軍手などして、手を切らない用に十分ご注意ください。
アクリル板切断面 4.切断面は写真のように尖っている状態です。
このままでは接着が不十分であったり、切断面でけがをする恐れがありますので金属用のやすりでなめらかに整えていきます。
金属やすりで仕上げ 5.力をいれ、強くかけずにゆっくりと作業することで、きれいな切断面に仕上げることができます。根気のいる作業です・・・
※やすりがけを行う場合も切断面でけがをしない王に軍手の着用をお勧めします。

ポイント

  1. 1.厚さ5mm以内のアクリル板の直線切りはプラスチックカッター使用します。(それ以上の厚みの場合、糸のこを利用します。)
  2. 2.上から溝を入れるのではなく、上下5mm程度残した状態で溝を入れ、最後に上下に溝を入れると作業しやすいです。
  3. 3.金属やすりで仕上げる場合強くこすらず、ゆっくりと作業することがお勧めです。。

アクリルのカットや穴あけ等の加工もお任せ下さい

アクリル板の加工・切断処理

FAX注文用紙ダウンロード

法人・業者様の大量注文承ります。

お支払いについて

クレジットカード
代金引換
※合計金額が30万円を超える場合は、 ご利用いただけません。
銀行振込
ジャパンネットバンク/ぱるる

お届けについて

お客様の配送地域、合計重量により送料が異なります。こちらからご確認ください。

【お届け期間】
午前10時までの注文(加工なし)
→2~3営業日以内
加工あり→5~7営業日以内

返品・交換について

商品到着後1週間以内にこちらからご連絡お願いいたします。
※開封後の返品・交換致しかねます

【お客様都合による返品】
返品・交換は承っておりません。
【誤品・不良品】
ご連絡後・着払いにてご返送ください

当店について

オービターについて

【メールでのお問い合わせ】
こちらからお問い合わせください。
【お電話でのお問い合わせ】
050-3776-6088
(平日)9:00〜17:00